金属アレルギーについて



金属アレルギーで困っていること。かゆみだけでなくて、いろいろ金属アレルギーで悩んでいることもございますよね!アレルギー反応の原因もわからない方もたくさんいらっしゃると思います!。

こんな事でお困りではありませんか?

例)
・店頭で見つけたアクセサリー、可愛いから購入したけれど身につけたらかぶれてしまった
・かぶれた肌を見られるのが恥ずかしい。今日は人前に出るのに・・・
・何度も何度もアクセサリーの買い替えでお金がもったいない。
・自分の肌に合うアクセサリーを探すことに今まで時間をかなり無駄にしてきた
・肌の調子が良くない度に皮膚科へ通院するけれど、時間もお金ももったいない
・彼氏からプレゼントされたアクセサリー、つけてみたらかぶれてしまった・・・
・化粧品を使っていてかゆみを伴う肌荒れをしたことがある
・制汗スプレーをしたところが赤く腫れ、かゆくなった


 
症状)

1、赤くかぶれたり腫れたりする。画像はネックレスでのかぶれ
金属アレルギーでかぶれてかゆくなったり赤くなった症状。気が付くと肌が赤くなっていたり。特に汗のかきやすい季節は、赤くならなくてもなんとなくかゆい症状もでて金属アレルギーと気づかない方も大勢いるそうです。

2、赤く腫れ、ぐじゅぐじゅになる。画像はピアスによるかぶれ
金属アレルギー反応しひどいかぶれでじゅくじゅくしてかゆい症状。ここまでくると、もうかわいいアクセサリーであってもつけて楽しむことができませんね。そして、アクセサリーをつけなくなってしまう。プレゼントを送った方も残念な気持ちに。。。
 

 

 

金属アレルギーの要因、原因になるもの。これらの金属が汗や体液等で反応し、金属アレルギー反応を引き起こします。

 

金属アレルギーは「蓄積型」と言われているので、既に発症している方も、まだ発症してない方もなるべくなら金属を体に蓄積させないようにしていくことが大事です。特に女性は男性よりも「金属」に触れる機会が多いため、金属アレルギーになりやすいと言われています。


実にさまざまな理由で体に蓄積されていきます。
その例として、ピアスや歯科医で使用される金属には金、銀、銅、白金、パラジウム、インジウム、イリジウム、亜鉛、スズなどが含まれ、長く装用していると、体液などで金属が少しずつ溶け出し、体に蓄積されアレルギー反応が起こることがあります。

 

アレルギーの原因となる金属一覧。アクセサリーだけでなく身近なものにも多数含まれていることがあります。アレルギー反応を引き起こしやすい金属です。

No. 金属名 No. 金属名
01 アルミニウム 02 コバルト
03 スズ 04
05 白金(プラチナ) 06 パラジウム
07 マンガン 08 インジウム
09 イリジウム 10
11 クロム 12 重クロム
13 ニッケル 14 亜鉛
15 16
17 水銀 18 --

※ニッケル、クロム、コバルトは金属アレルギーの3大原因金属です!

 

■イオン化傾向とは?■



「貸そうかな、まああてにするな、ひどすぎる借金」

貸そう (K) か (Ca) な (Na) 、ま (Mg) あ (Al) あ(亜鉛:Zn)て(鉄:Fe)に (Ni) する (Sn) な(鉛:Pb)、ひ (H) ど(銅:Cu)す(水銀:Hg)ぎる(銀:Ag)借(白金:Pt)金(金:Au)

つまり、「カリウムはイオン化しやすいが、金はイオン化しにくい」
金・銀・白金(プラチナ)が宝石に使用されているのは、イオン化傾向が小さく錆びないからとも言える。


 

金属アレルギー反応を起こす要因として次のものが挙げられます



・アクセサリー全般
・化粧品全般
・歯科治療金属
・金属製腕時計
・抗菌グッズ
・制汗剤
・金属製おもちゃ
・衣類
・大気中の成分
・革製品
・調理器具

 

身の回りにある、知られていない金属アレルギーになる要因、原因。普段なにげなく生活している身のまわりには金属アレルギーを引き起こす金属が沢山ございます。金属アレルギー症状を引き起こさない予防のためにも、きちんと自分のアレルギー原因をパッチテスト等で確認するのも金属アレルギー対策となります。

 

イラストに記載されている通り、

身につけ続けるとK18などのゴールドやプラチナでも汗などで金属が溶け出し(イオン化)、体に蓄積されていきます。
そして将来プラチナやK18などのアクセサリーでもかぶれてしまう可能性があるといわれています。「高級な素材」、「ちゃんとしたもの」、ならOKということではありません。

 

お化粧品

でも金属アレルギー反応は起きます。
マスカラやリキッドのアイライナー、クリームアイシャドーや口紅などでかゆみを伴った肌荒れがおきたり、ひどくなると水泡が出来ます。これはお化粧品の色素に含まれている、 ニッケル・クロム・コバルトなどの不純物から金属アレルギー反応が起きるといわれています。

 

革製品

で!と驚かれる方もいらっしゃるかと思います。
皮製品は皮をなめす過程で6価クロムを用いることがあるために金属アレルギー反応が起こされるようです。

 

衣類

では、金属が織り込まれている繊維があるようです。
使用されている金属はステンレスや銅のようです。
どのような繊維かと言えば、例えば、着用によって金属繊維が歪み、独特のシワ加工が生まれる機能をもった繊維です。
また、抗菌コートや消臭機能をうたった繊維などもあります。抗菌とあれば、銀・銅・ニッケルに注意が必要です。

 

調理器具

に関しては、ステンレスは高温で加熱すると金属が溶け出す可能性が高いと言われています。
通常ステンレスはクロム、ニッケルなどで構成されていますのでこれらが溶け出してくる可能性があるということです。「18-8 ステンレス」という表記がされていた場合、SUS304というステンレスのクロム18%、ニッケル8%を使用しているということになります。


 

意外と知らないステンレスの種類。200種類以上もあります。すべてのステンレスが金属アレルギー反応を起こしにくいわけではありません。人体に対して金属アレルギー原因とりにくい、イオン化しにくいステンレス。それが、サージカルステンレス、「SUS316L」、「SU316」です。

記号 ニッケル含有率 クロム含有率 マンガン含有率 窒素含有率 モリブデン含有率 備考
SUS201 Ni(3.5〜5.5%) Cr(16〜18%) Mn(5.5〜7%) N(0.25%以下 - -
SUS202 Ni(4〜6%) Cr(17〜19%) Mn(7.5〜10%) N(0.25%以下) - -
SUS301 Ni(6〜8%) Cr(16〜18%) - - - -
SUS303 Ni(8〜10%) Cr(17〜19%) - - Mo(0.60%以下の添加ができる -
SUS304 Ni(8〜10.5%) Cr(18〜20%) - - - 18-8と表記される
SUS304L Ni(8〜10.5%) Cr(18〜20%) - - - 18-10と表記される
SUS305 Ni(10.5〜13%) Cr(17〜19%) - - - 18-12と表記される
SUS316 Ni(10〜14%) Cr(16〜18%) - - Mo(2〜3%) 当店が使用しているステンレス
SUS316L Ni(12%) Cr(18%) - - Mo(2.5%) 低C(0.03%以下)含む。当店が使用しているステンレス
SUS430 - Cr(18〜20%) - - - 18クロムステンレスと呼ばれ、18-0と表記される。
磁石が着くのでIH対応ステンレスとして使用される


なぜ、どうしてステンレスはかぶれないの?なぜSUS316Lでかぶれないの?

 

そもそもなぜ、金属アレルギー反応が起こるのでしょう?



それは、汗や体液で溶けた金属に体が“異物”と拒否反応を示す、ということです。 汗は酸性で、金属は酸に弱いとされています。そして金属が溶けてできた“金属イオン”が体に入り、皮膚のたんぱく質と結合すると、それを体が“異物”とみなし、拒絶反応を起こしてしまうことがあります。
汗をかきやすい夏場は肌の表面で金属がイオン化しやすく、金属アレルギーを発症する人が多いといわれています。
夏は、特に注意が必要です。

 

当店のアクセサリーの金属は肌に触れる部分はすべてSUS316かSUS316Lを使用しています。



■■SUS316はSUS304を基にし、ニッケル量を増やし、モリブデン(Mo)を2〜3%添加した鋼種です。元々ステンレスはクロムの酸化皮膜があり、耐食性がありますが、SUS316Lはさらにモリブデンの添加により、耐酸性、耐熱性が向上してす。ですから汗などで溶け出しにくく、イオン化しにくいので金属アレルギー反応を起こしづらいのです。

■■SUS316LはSUS316の極低炭素鋼です。性質は、316の耐粒界腐食性を強化したものです。
一般的に、SUS316とSUS316Lは、医療用等で用いられるほど安全なステンレスで【サージカルステンレス】と呼ばれます。
他にもサージカルステンレスはSUS431,SUS630等が代表にあげられます。

 

200種類以上もあるステンレスの中でも、SUS316とSUS316Lは、非常にサビにくく、酸化・腐食・耐熱性に優れています。そして医療用工具のメスやハサミ、ボディピアスなどにも使用されるほど、体にとって優しく、安全性が高い金属とされています。そのSUS316L(サージカルステンレス316L)を当店ではアクセサリーとして使用しています。



つまり、SUS316とSUS316Lはイオン化しにくいので「溶け出さない」= 「金属アレルギー反応を起こしにくい」というわけです 。


※ 他に金属アレルギーを引き起こしにくい金属としてはチタンもございます。チタンはチタン特有の「酸化皮膜」があり、この皮膜で汗などによる耐食性がありますので、イオン化はほぼしないと言われています。ですから金属アレルギー反応を引き起こしにくい素材として注目されています。

 

 

金属アレルギーと食品の関係

金属アレルギーが重症の場合(全身型金属アレルギー)は、直接摂取するものにも注意を払う必要があります。
しかし、これらを食事から摂取しないと欠乏症になり、別の病気を引き起こす可能性がありますので、
皆様の主治医と相談をしながら摂取するように心がけてください。
 

 

  • 亜鉛不足・・・> 味覚異常
  • クロム不足・・・>糖尿病
  • 鉄不足・・・>貧血
  • コバルト不足・・・>貧血



妊娠中の方、母乳育児をされている方、そして小さいお子様は以下の食品を大量に摂取することは避けたほうが良いでしょう。
 

 

金属元素を多く含む食品の例

  ニッケル コバルト クロム 亜鉛
肉 類 - 肝 臓 - 肝 臓・牛 肉 肝 臓
穀 類 玄 米・蕎 麦
オートミール
- 玄 米、小 麦 -
野 菜 ほうれん草、レタス
かぼちゃ、キャベツ
- じゃがいも、玉ねぎ -
豆 類 すべての豆類 - すべての豆類
海 藻 すべての海藻 - 海 苔 -
魚介類 カキ、鮭 ホタテ貝 - カキ、カニ カキ
飲み物 紅茶、ココア
ワイン
紅茶、ココア
ビール、コーヒー
紅茶、ココア 日本茶 紅茶、日本茶
お菓子 チョコレート
その他 タバコ -


 

 

豆を食べて金属アレルギーを発症?食物でも金属アレルギー反応?アクセサリーをつけなくても、金属アレルギー発症してしまうこともあるそうです。


あるテレビ番組で、ある主婦が豆類がとても好きで豆類の摂取のしすぎ、ということで金属アレルギーを発症したとのことでした。
豆類にはニッケルが多く含まれているため、そのニッケルの摂取過多で、体が感作され、金属アレルギーになってしまったのです。
偏った食生活は、金属アレルギーを発症してしまうかもしれないという危険性を含んでいます。金属アレルギーで専門医にかかられた場合、専門医から食事の指導もあるかもしれません。

 



 

金属アレルギー解決策、対策。


店主自ら20年間金属アレルギーによっておしゃれへの制限をうけてきました。
アクセサリーだけではなく、ヘアアクセサリー、衣服、靴、化粧品、etc...あげるとまだまだありますが、
M.A.S.Jewelryでは、まずはアクセサリーから「金属アレルギーにもう悩まない」お手伝いをしたいと考えています。

金属アレルギーでもおしゃれをしたいという悩みを解決するには・・・?

ピアスに関して。一般に販売されている「チタンポスト」、「樹脂ポスト」、など「ポストのみ」のアレルギー対策では結局は金属アレルギー反応を起こす可能性のある金属が肌に触れてかぶれてしまいます。
そこで、M.A.S.Jewelryでは金属アレルギー完全対策として、ピアスで使用している金属部分はすべてサージカルステンレス316Lか316を採用する事としています。
また、ネックレス、リングもすべての商品が金属アレルギー対策をしていますので当店のショッピングは安心して商品をお選びいただくことが可能です。


「金属アレルギー対応」とあっても、こんな事も。チタンポストじゃダメ?M.A.S.Jewelryの金属アレルギー対策、商品の安全へのこだわり。

 



金属アレルギーの対策方法。金属アレルギーにならないための予防方法。普段からちょっとしたことでももう、悩まないで、アクセサリーをつけておしゃれを楽しめます。まずは、原因と予防対策を理解すること。

 

(1)どうしたらアクセサリーでかぶれないようになりますか?


ANSWER!
一般的に汗などでイオン化しにくい、サージカルステンレス316Lやチタンの素材のものを身につけると良いでしょう。
M.A.S.Jewelryのすべての商品はステンレス316、316Lまたはチタンを採用しています。


(2)金属の色の表現の方法・技術はどのような方式を採用?

ANSWER!
さまざまな色を演出するコーティング技術についてはPVDコーティングを施しております。PVDコーティングとは金属アレルギーを起こし難い表面処理の方法です。
特殊な金属蒸気(金属分子)をステンレス表面に接着(コーティング)することにより非常に強固なコーティングをすることが可能な特殊な方法です。
医療用の器具にも採用されるなど、アレルギーの方にも非常に安心できるコーティングです。

ちなみに通常のメッキのように塗っている(かぶせている)のではなく、溶接のように表面に接着されてるのでメッキよりはがれることが少ないのが特徴です。
※全く剥がれないというわけではなく、通常のメッキより剥がれにくい表面処理方法となっています。


(3)M.A.S.Jewelryの商品は、本当に安全?

ANSWER!
金属アレルギーを起こしにくい商品を店主自らパッチテスト(一定期間身につける)をし、厳選しております。


(4). 金属って体に蓄積するの?

ANSWER!
アレルゲンとなる金属元素を肌から遠ざけるとよいでしょう。その方法としては不明な金属で作成されているアクセサリーなどは
避けたほうがよいでしょう。また化粧品(特に色素のあるもの)は、特別に金属アレルギー用に開発されたメーカーのものを選ぶと
良いでしょう。他には、三大金属アレルギーとなるニッケル、クロム、コバルトを含む食品の過多摂取は控えるとよいでしょう。


(5)彼女や知人にアクセサリーをプレゼントしたいのですが、どれを選んだらよいですか?

ANSWER!
相手の方が金属アレルギーかもしれない、はっきりとは分からないという方。相手の方への気遣いとしてサージカルステンレス316Lのアクセサリーをチョイスされる方が増えています。
せっかくプレゼントしたのに、金属アレルギーだから身につけてもらえなかった、ということを防げます。


(6)子供へアクセサリーを購入したいと考えていますが、安心で安全なアセクサリーはありますか?

ANSWER!
お子様への将来のアレルギーへの影響が心配な親御様へ。お子様へアクセサリーのプレゼントをされる場合は発症予防用としてサージカルステンレス316L製のアクセサリーはとても良い製品です。


(7)M.A.S.Jewelryの他の商品の特徴はありますか?

ANSWER!
M.A.S.Jewelryのオリジナルロゴが刻印された製品もございます。「316L]や「M.A.S.J.316L」[ S.Steel」と刻印されていますのでどの素材の金属かすぐに分かりますので、とても安心です。